同友会ニュース−地域の情報

【08.02.09】「へえこんな近くに面白い店があったんだ」~商店街の可能性発見!

個店の魅力に引きつけられる

 わが店祭  2月1日~3日の3日間、盛岡市肴町商店街の平金商店パステル館で、商店街を中心に専門店15店の自慢の品を集めた「わが店祭(わがてんまつり)」が開かれました。初めての開催となった今回は社長の平野佳則氏の呼びかけに約60の自慢の商品が集まり、地域の方々へ店の魅力を伝える絶好の機会となりました。
 出展者の一人、こうや呉服店の高屋一成氏は、東京6大学の応援団衣装などを中心に「男の着物」を展示。また平金商店では、地元岩手の木を原料に一人ひとりの手に合わせたオーダーメイドの木杯を作る「我杯(わがはい)」を展示。来場者は興味を持って説明に聴き入っていました。

地域のニーズに合った商品を

 わが店祭2  中でも一番注目を浴びていたのは、マンションでも設置しやすいコンパクト仏壇です。高さ、幅共に40~60センチほど。小さくとも作りは緻密で落ち着きがあり、洋室に置いても違和感がなさそうです。「これはいいね。うちでも置けるかもね。」若い夫婦が中腰で真剣に見入っていました。
 今回の企画は「各店でどんな商品を扱っていてどんな特長があるか、まずは地域の皆さんに知ってもらおう」との思いで実現したものですが、お客様の反応は抜群で「へえ知らなかった」「こんなこともできるんだ」と予想以上に大きな反響がありました。
 商店街の元気の源は、まず商店それぞれの魅力を伝えていくことから。今後の地元商店街の可能性を感じたわが店祭となりました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS