同友会ニュース−お知らせ

【08.05.09】共に生きる部会5月例会のお知らせ

オリーブの理念は、お客様を元気にすること

オリーブ0  どなたでも気軽に参加できる共に生きる部会。今回は八幡平市から美容室オリーブの佐々木さんを報告者にお招きします。元気いっぱいの佐々木さんのお話をお楽しみに!
 共に生きる部会の参加者は建設業をはじめサービス、製造など様々な業種の経営者はもちろん、障がい者施設の指導員の方々や自治体の職員の方も多く、広く意見交換ができます。障がいをもった方も高齢者の方も共に笑顔で豊かな人生を歩むために、共に考えて参ります。新事業、新しいマーケットとしてのあり方についても、気負わず互いの意見を交換できますので、ここから新しい取り組みも生まれそうです。まずは知ることから。・・・是非ご参加ください。

オリーブ1 日 時 5月19日(月)18:30~21:00
会 場 アイーナ 810 会議室
テーマ「オリーブの理念は、お客様を元気にすること」
~障がいを持っている子どもたちも、お年寄りも、いつでも誰でものびのびできる美容室をめざして~
報告者 美容師オリーブ 代表 佐々木恵美子 氏
参加費 500円(お茶代・資料代)

心の声に耳を傾ける

 オリーブ1  「オリーブの理念は、お客様を元気にすること。お客様がお店にいらっしゃることで、日常を元気に過ごすための原動力になれたら」と話す佐々木さんは、八幡平市にある美容室オリーブを経営されています。小さな子どもから障がいを持った方も、お年寄りも、何時でも誰でも気軽に構えず立ち寄れる美容室です。
 耳が不自由なお客様とは唇の動きや筆談で言葉を交わします。「文字だけでは見えない、心の中に耳を傾けて何を求めているのかを、聞き取れる人でなければ。」佐々木さんは、いつもかすかな心の声を聴こうとします。

子育てとの両立ができる美容室をめざして

 オリーブ3  またオリーブでは、社員に対しても考え方は変わりません。子どもが生まれる社員に「じゃいつからまた働けるの?」聞かれた社員は驚きます。「美容師は子育てと仕事の両立が難しい仕事。だからこそ、できる環境をみんなでつくらなきゃ」
 「誰もがのびのびとくらせる社会をつくりたい。そのために私には何ができるか」佐々木さんはいつも自分の中に10年ビジョン、夢を描き続けています。その想いに共鳴する仲間は全国各地に広がっています。
 今回はオリーブの立ち上げから現在に至るまでを辿っていただだきながら、ご自身の描く夢にまで触れてお話しいただきます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS