同友会ニュース−行事案内

【10.11.14】第11回岩手県“人を生かす”フォーラム・11月25日開催迫る!

4つの分科会で熱く、深く学び合う一日

 フォーラム1  昨年まで“経営研究集会”として開催してきましたが、今回から岩手県“人を生かす”経営フォーラムとして、盛岡を舞台に開催いたします。岩手県内全域から沢山の知恵と実践を持ち寄り、基調講演や4つの分科会を通じ、熱く学び合って参ります。
 今年のスローガンは「語ろう!皆で地域(まち)の魅力。つくろう!共に地域(まち)の未来」です。集い合い、語り合う中で必ずや新しい仕事づくり、ビジネス創造へのヒント、そして人を生かす経営への確信が生まれるはずです。
 人を生かす経営で新たな地域づくりを。皆様のご参加を心からお待ちしております!

日時;2010年11月25日(木)13時30分 開会
受付;13:00~13:30/基調講演;13:40~15:00/分科会;15:20~18:45/懇親会;19:00~
会場;ホテル東日本(盛岡市大通り3丁目3-18 TEL 019-625-2131)
参加費;基調講演・分科会 3,000円/懇親会;6,000円

□お申し込み・お問い合わせは□
岩手県中小企業家同友会
〒020-0063 岩手県盛岡市材木町9-13 角喜ビル3階
TEL 019-626-4477/FAX 019-626-1644

◆第11回岩手県“人を生かす”経営フォーラムチラシ表(PDF)◆
◆第11回岩手県“人を生かす”経営フォーラムチラシ裏(PDF)◆

◆基調講演◆

吉田氏  テーマ;「激動を味方に、“人を生かす” 経営で、岩手の未来を創造する」
~地域を支え、つなぎ、つくる中小企業の存在と可能性~
講師;駒沢大学経済学部 教授 吉田敬一氏

 一昨年来、世界的大不況に見舞われ、これまで成長を続けてきた日本経済は大転換点を迎えました。これまでの発展過程とは全く質の違う経済に、中小企業のあり方、役割が根本から問われています。
 これまで一貫して社員と共に理念経営をめざし、国民や地域と共に歩む企業づくりを進めてきた同友会運動は、激変する環境の中でもその確かさを示してきました。激動を味方にするその根幹は何か。基調講演では、日本経済の変化、現在の課題を明らかにしつつ、新たな経済の担い手としての中小企業の持ち味、強みを地域内でいかに発揮するか共に考えます。

◆第1分科会◆基調講演を深める・中小企業憲章

テーマ;「地域を支え、つなぎ、つくる 同友会型中小企業の存在と可能性」
~中小企業憲章の理念をどう具現化するか~
講師;駒沢大学経済学部 教授 吉田敬一 氏

 基調講演を受け、分科会で更に深めます。良い会社、良い経営者とは何なのか。自社の良さを生かすには、我が地域の良さは・・・。「地域を支え、つなぎ、つくる」中小企業だからこそ実現できる、企業づくり、人づくり。そして持続可能な人間を幸せにする地域づくりを提起いただき、それぞれの企業で何ができるか具現化します。創ろう共に地域(まち)の未来!

◆第2分科会◆後継者問題・経営指針の実践・社員共育

 水戸谷さん テーマ;「人を生かす経営」実現へ向けてのバトンリレー
~次の世代へ何をつなぐのか~
報告者;東日本機電開発㈱ 取締役会長 水戸谷完爾 氏
    東日本機電開発㈱ 代表取締役 水戸谷 剛 氏

 水戸谷会長は、工場長から経営者として引き継いだ経験から、社員一人ひとりの自主性を引き出す「人を生かす経営」の実現をめざし30余年、経営に向き合ってきました。2年前、後継したときはリーマンショック後の大変な環境下。その時何を渡し、何を引き継いだのか。2人の関わり合い、葛藤を初めて明かします。

◆第3分科会◆新商品開発・新事業へ挑戦・経営戦略

 向さん テーマ;「新たな事業を生み出し続ける源泉とは」~琥珀の本場を目ざす絶え間ない挑戦~
報告者;久慈琥珀㈱ 代表取締役 向 正彰 氏

「毎月一つは新商品を出し続けよう」琥珀(こはく)という一つの素材をもとに新たな発想を生み出すのは容易なことではありません。しかし向社長は言います。「我々は理念に『世界の琥珀の本場を目ざす』と掲げています。厳しい時代だからこそ、難しいからこそチャンスがある」業種を越えて新事業開発のヒント満載です。

◆第4分科会◆共に学び、共に育つ障がい者問題

 吉田さん テーマ;「地域で暮らすということ・自立とは」~誰もがぬくもりをもって生きあうために~
報告者;㈲いわてにっかコミュニティ企画 代表取締役 吉田ひさ子 氏

あるとき近所に住むお年寄りが身寄りがなくなり、地域を離れなければならない窮状を知り、女性として尊敬していた吉田さんは「今さらこの人を遠くに行かせたら私は悔いが残る」と一大決心。2009年2月老人ホームめだかの家を立ち上げます。障がい者もお年寄りも、誰もが地域の中で共に生きていくことができるために。吉田さんの報告から共に考えます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS