同友会ニュース−活動報告

【11.04.02】2011新入社員入社式研修会~「私たちはいつまでも沈んでいない。さあ見てろ!」

何としても地域に元気を届けたい!

 2 岩手同友会2011新入社員入社式研修会が、4月1日(金)盛岡グランドホテルで行われました。県内各地から26社39名の新入社員と経営者40名、計79名が参加しました。震災後県内企業の環境は一変し、売上げの見通しが全く見えない状況が続いています。
 しかしこの3週間、被災後も入社式への参加が決まっていた同友会企業で、一人の内定取り消しもありませんでした。「これから地域の復興を担うのは、間違いなく中小企業。そしてその企業をこれから支えるのが新入社員。どんなことがあっても我われ全員で迎え、みんなで復興への思いを共有したい。何としても地域に元気を届けたい。」震災後わずか3週間。企業復興へ全力を傾注する中、僅かな時間を苦慮して探し準備、入社式を開催するまでこぎつけたのは、そうした理由がありました。

私たちの決断

 3  代表理事挨拶に立った村井良隆氏((株)あさ開 代表取締役)は「多くの方々が被災され、本当に辛く悲しい場面を体験してきました。二度とあってはならない、そんな災禍です。皆さんも、自分の就職した会社は大丈夫だろうか。よほど心配をされたことでしょう。同じように、私たちも同じ不安を持って今日を迎えています。皆さんを本当に受け止められるだろうか。迷った会社も沢山あったはずです。でも私たちは進む決断をしました。

地域とって必ず必要な存在

 4  私たちの仲間の多くが被害を受け、全て失ってしまった会社もあります。幸いにも私たちはここにいます。地域に残された使命は、大変大きいのだと思います。震災後、県内全域が売上げがゼロというのが現実の姿です。しかし社屋もある。仕事も出来る。ここにいる私たちはまだ、恵まれた環境の中です。今は救助、救援から復旧まで漸く来ました。ここからが正念場です。復興までは何年もの間、耐えていかなければならないのです。
今日から皆さんは私たちの仲間です。会社を建て直し、地域を立て直す仲間です。我われ中小企業は一つ一つは大変小さい存在ですが、必ず地域が復興していくために必要な会社と信じ、その一員である皆さんが、一日でも早く力になっていただけるよう心から願います」と呼びかけました。

悲しそうな背中に先輩からのエール

 5  新入社員の紹介では、例年瑞々しく響く声で返事をする姿が印象的でしたが、今年は全員が控えめの返事です。世間全体に祝賀を控える雰囲気があり、人生の大切な船出であるにも関わらず、声を大きく出して喜べない背中が悲しそうにも見えました。
 その雰囲気を一掃したのが、先輩社員の激励でした。入社2年目の信幸プロテック(株)社員、佐藤幸政さんは、自分の入社から現在までの体験を丁寧に語ったあと、「皆さん、私とこの岩手を復興しましょう!私たちが牽引し、地域を再生しましょう!」と堂々と訴え、新入社員にもようやく高揚した表情が生まれました。

歴史を創る大きな一歩

 6 新入社員の感想では「大学の卒業式が中止になり、切り替えられない自分がいました。入社式は社会人へと成長する、そして実感する場となりました。こんな大変なさ中、開いていただいた皆さんに心から感謝したい」「厳しい環境下で採用していただいた感謝を忘れず、地域の復興の力になりたい」「私たちはいつまでも沈んでいない。さあ見てろ!と伝えたい」と意気込みを話す社員もあり、復興への大きなスタートを切った、歴史を創る大きな一歩を刻んだ入社式となりました。

7

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS