同友会ニュース−活動報告

【13.01.25】「泣いても誰も助けてくれない、自分がやるしかない」~女性部会1月訪問例会

自然派を貫いて

女性部1 1月21日(木)、女性部1月例会が行われました。今回は盛岡市津志田の㈱アザレ岩手本舗を訪問し、代表取締役の伊藤桂さんとお母様の郁子さんのお二人からお話いただきました。
 アザレ岩手本舗は自然派一筋にこだわり続けた化粧品販売の会社です。会社を立ち上げたのは、伊藤さんのお父様でした。一関でベビー服と呉服の販売卸していましたが、その時のお客様がこの化粧品に出会い肌のトラブルが解消したという話を熱心に語る姿から「そんなに素晴らしいのならよしやってみよう!」と昭和62年に一関から盛岡の夕顔瀬に店舗兼住居で始めました。

自分がやるしかない

女性部2  お客様も増え経営も順調だった矢先、元気だった社長が病気のため平成11年に他界。専業主婦だった郁子さんが急遽社長を担うことになりました。その当時高校2年の桂さん、小学校6年、4年の娘、息子を育てていくのには「泣いても誰も助けてくれない、自分がやるしかない。アザレの商品を待っていてくれるお客様と長年頑張ってくれる社員のためにも頑張るしかない。」と郁子さんは強く決意し社長になります。

お客様の幸せな笑顔のために

女性部2  桂さんが大学卒業後、生まれ育った家がアザレ化粧品だったので迷いなく会社に入ることを決意し入社します。そして3年前に社長に就任しました。「メイクや、マッサージをしてあげると本当にお客様は内面も外面も輝き幸せな顔になります。その時私の仕事は「女性の肌と命を守る仕事なんだと実感します。」と桂さんは話します。これからも桂さんと郁子さん親子二人三脚でアザレ化粧品を通して世の中の女性を美しくしていきたいというお二人の報告でした。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS