同友会ニュース−活動報告

【13.01.28】3つの新支部創設へ秒読み~555名へ向け期待高まる

熱気溢れる意見交換

 新支部2  県南地域での準備会例会が昨年から毎月、水沢、前沢、一関、金ヶ崎を順番に周りながら開催されています。1月の準備会はプラザイン水沢で、1月22日に行われました。
 「家守りがつくる、地域循環型工務店」をテーマに、(株)ゆい工房 社長の川原徳昭氏に報告に立っていただき、その後のグループ討論では自社の経営と地域との関わりについて、じっくりと時間を使って意見交換をしました。
 「実は後継者のことで壁にぶつかっている」「経営理念を外部の方に作ってもらったが役立てられない。どうしたらいいか」など、日常ではなかなか出せない本音の声が出され、「私だったらこうする」「それは社長が壁になっているのでは」など、新鮮な意見に笑顔の絶えない、大いに盛り上がったグループ討論となりました。準備会例会の参加者は20名~30名ほどですが、会社と地域を真剣に考える経営者の語らいは、毎回熱気で溢れます。

地域企業であることに誇りを持って

 新支部3  報告者の川原氏は最後に「地域に根を張り、地域の雇用と街おこしに責任を持つことが出来るのは、地場の中小企業しかありません。日本の屋台骨をささえ、地域経済の牽引役になっている地域企業であることに誇りを持って取り組んでいきたい」と宣言。参加者一人ひとりが自社の地域での役割を見つめ直すことができた、とても有意義なひとときとなりました。
 現在岩手同友会では、3つの支部の創設へ向け準備が進められています。一つは県南、奥州地域を中心とした支部。そしてあとの2つは盛岡に隣接する2つの地域です。
 これまで盛岡周辺地域は盛岡支部のみでしたが、新たに滝沢・雫石地域を中心とした支部、紫波郡を中心とした支部が今春創設予定です。気仙・県南広域ブロックの2支部。そして盛岡広域のブロックとして3支部が活動を行うことで、より地域に根ざした、充実した学び合いの場が実現します。どうぞご期待ください。

新支部5

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS