同友会ニュース−活動報告

【13.05.17】県南支部準備会5月例会~「次の例会が待ち遠しい!」

枠を越えて本音で語り合える

 県南1  県南支部準備会は30名を越える会員になりました。毎月の準備会例会には、奥州平泉地域や近隣の金ヶ崎、一関から毎月沢山の方々が集います。
 その一番の目的は「業種業界の枠を越えて本音で語り合えること」毎月参加される方々が増えているのも、そうした肩肘張らない率直な学び合いの雰囲気があるからです。

失敗談から成功談まですべて

 県南2  今月は岩手同友会の代表理事でもある信幸プロテック(株)代表取締役 村松幸雄氏が「地域からあてにされ続ける、設備の総合クリニックを目ざして」~社員一人ひとりが最高の人生劇場を~テーマに報告しました。
 現在では「地域からあてにされ続ける、設備の総合クリニックになりたい」と話される村松社長も、ここまでの会社の歴史の中では、大変な時期もありました。奥さんとたった2人で歩み出したときに決意した「社員と共に歩む、地域になくてはならない会社づくり」。
 今では社員一人ひとりが自分の10年ビジョンまで描き、若い人材の競い合い、育ち合いが、会社全体の元気の源になっていますが、この間どんな思いでどんな取り組みをしてきたのか、時にユーモアを交え、失敗談から成功談まですべてお話し戴きました。

それはどうすればつくれるの?

 県南  報告後のグループ討論では初めて参加された方から、「実は我が社には、経営計画は詳細なものはない。でもそれが普通のことだと思っていた。どうすればつくれるのか」「社員と共にと言うが、それは何のために必要なのか」など、普段の例会ではあまり出されない質問も多く出され、新鮮で活発な意見交換が続きました。
 50名での支部発足へ向け、今後も毎月準備会例会を行う予定です。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS