同友会ニュース−活動報告

【14.06.17】県南支部準備会~何でも語れる地域の拠り所に

「適材適包」を常に追求し続けて

 東北ウエノ  この2年間、毎月継続してきた県南支部準備会例会。会員が21名にまで広がってきました。5月の例会では株式会社東北ウエノの鈴木雅彦社長が、初めての報告に立ちました。      東北ウエノは包装設計のプロフェッショナルとして創業以来「適材適包」で地域のお客様をサポートしてきました。原油の高騰などで物流コストが大きくなれば、製造企業にも大きな負担となり、また包装資材が大きければ、物流を支える企業にも地球環境にも負担となります。そこで、東北ウエノでは、製品にも企業にも、地球環境にも最も優しい包装資材を追求し続けてきました。研究と工夫、提案を主体とした営業に、現在ではまさに、地域になくてはならない企業になっています。

地域で本音を語れることの幸せ

 県南  グループ討論では、「いつも会って話していたはずなのに、こんな緻密な仕事をしているとは知らなかった」「地域に自分のことを語れる場があることに感動を覚える」「いつも同業の方とばかり話しているので、厳しい競争の中で工夫を重ねている姿が衝撃でした。自社でももっとできることがあるのでは、と考えました」など、話題が止まらず、時間を忘れるほどでした。
 会員30名で設立を目ざす県南支部準備会。熱気の中に、設立が近いことを感じさせます。    

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS