同友会ニュース−活動報告

【15.9.25】「未来をつくる若者に大きな期待をこめて!」

成功=計画+チョット無理

 七月二十七日~二十八日、七月三十日~三十一日と盛岡市の商工観光部企業立地雇用課主催で盛岡市立高校約六十名、盛岡市の高校生約十名が参加し、延べ四日間に渡りスキルアップ事業が開催されました。この事業は就職を希望する高校三年生が対象となり、今年で八年目を迎えます。
  市立高校では信幸プロテック(株)の村松幸雄会長より「もっと大きな夢を持ち、チャレンジし続けよう」と題して講義がありました。「会社は自分の可能性を育てる場、その仲間と共に育ちあう場所でもあります。そのためにも「何のために働くの?」を考え、そこから自分の十年後のビジョンを描いてみることです。「成功=計画+チョットムリ」この考え方がこれからの大きなカギになります」とお話がありました。(有)ミウラ燃機入社四年目の吉田達也さんからは「どんな仕事を選んでも、その大変さや辛さに時には逃げ出したくなります。でも何事も三年は続けてください。その中から得たものは必ずやりがいと力と自信になります」と熱くエールを送りました。

何のために働き、どう生きるのか

(株)アザレ岩手本舗 佐々木桂社長  三十日は(株)アザレ岩手本舗 佐々木桂社長の体験報告でした。「高校生の頃から人から喜ばれる仕事をしたいと思い、接客業をめざし海外ホームステイも経験しました。自分の人生を振り返り今の仕事でもその思いは同じです。何のために働き、どう生きたいのか。これがしっかりしていれば必ず道は開けます」という講義でした。

仕事をするということは人生の一部をつくる

(株)仙北造園 佐藤康之社長  模擬面接では三名の経営者が関わりました。本番さながらの緊張感で、面接役の経営者もつい熱が入ります。(株)仙北造園の佐藤康之社長からは、「目標を持っている人、ない人ではその後の人生が大きく変わります。目標は大事に、夢を持って下さい」(株)システムエンジニアリングの菅村覚社長からは「厳しい事も言いましたが、よく考えて仕事を選んでほしいと思います。それが明日につながる一歩です」とそれぞれ高校生に向けてエールが送られました。

自分の人生は自分で決めるんだ!

 参加した生徒からは、「社会人になるということは何事もすべて自分が決めていかなければならないことがよく分かった」「この二日間たくさんの方のお話を聞いて自分の価値観が大きく変わった。自分がどうしてこの企業を選んだのかをもう一度考えて見直していきたい」と感想がありました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS