同友会ニュース−活動報告

【20.04.21】15週連続・岩手同友会のWEB例会がいよいよスタートしました!!

オンラインの利点をフル活用!

WEB1 4月20日から岩手同友会のWEB例会がスタートしました。3月からこれまでの間、行事の自粛等で支部地区での日常の学び合う場、語り合う場の確保が難しく、皆様から沢山のご要望が出ていました。
 今後も長期にわたり、これまでのような沢山の方々との交流や実際にテーブルを囲んでのグループ討論が難しい環境下となることが予測されます。そこで過日の理事会では、「一社もつぶさない、つぶさせない」に加え、「決して一人にしないさせない」を掲げ、このような危機だからこそ、会員一人ひとりの顔に見える活動を丁寧に行っていくことを決定、オンラインでの活動方法の検討をスタートしました。
 これまで映像配信を使った例会やZoomを使用した会議等の準備を進めてきましたが、体制が整い順次進めて参ります。今後は各支部地区の例会なども、できるところからオンラインで順次進めていく予定です。

「危機をどのように突破してきたか」

WEB2 第1回目となった実践報告「危機をどのように突破してきたか」で報告に立った(株)アート不動産 会長 櫻井澄男氏、東日本機電開発(株)取締役会長 水戸谷完爾氏、信幸プロテック(株)取締役会長 村松幸雄氏のお三方は、ご自身の創業や経営を担われたときの体験に始まり、今後のコロナ収束後の展望まで、ご自身の想いを存分に約2時間語っていただきました。
 こうした機会はむしろじっくりと将来の企業の姿に向き合う機会にもなります。8月までの毎週月曜日に開催予定です。ぜひご活用ください。(第4回のみ金曜日5月8日開催)

WEB例会にはどなたでも参加できます。

危機を乗り越え、展望を描くためのミニ歴史&経営実践シリーズ第1弾
〜同友会運動60年の歴史に学ぶ危機対応・15週連続講座【岩手版】
         
◆第3回◆
日時4月27日(月)14時00分〜15時30分         

ミニ歴史 労使見解?「対等な労使関係」
実践報告 「危機をどのように突破してきたか」
     「コロナ禍後、どんな社会になるか」
報告者 (株)トータル・リユース 代表取締役 伊瀬 幸郎 氏


◆第4回◆
 日時5月8日(金)14時00分〜15時30分         

ミニ歴史 労使見解?「労使問題における問題の処理について」
実践報告 「危機をどのように突破してきたか」
     「コロナ禍後、どんな社会になるか」
報告者 東日本機電開発(株) 代表取締役 水戸谷 剛 氏


◆参加申し込みはこちらから◆

WEB3

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ活動内容へ入会案内へ所在地・連絡先へリンク集へ行事予定

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ

中小企業家同友会全国協議会のサイトへ

同友会会員企業検索のページへ

同友会活動支援システムedoyu

携帯サイト用QRコード
携帯対応について

RSS